【お正月】お正月三が日をいかがおすごしでしょうか?【急遽ばかり】

子育て日記・雑記

皆さん、子育てしてますかー!

皆さん、正月三が日いかがでしたか?

我が家は「笑う門には福来る」と言った始まりでした。

皆様に幸あれ~。

 

こんばんわ、迷答座布団ブログの運営をしている ざぶ(@meitou_zabuton)です。

 

わたしは40代でひとり親(シンパパ)になり、手探り状態のほぼワンオペで2人の子育てを行っております。

※詳しくはプロフィールをご覧ください。

 

その為か、子育てに対して独自の視点により迷答な体験談やお役立ち情報の発信を勝手に行うこととなりました。

もしよろしければ、「あんた座布団一枚!」と思って頂けると今後の活力になりますので、よろしくお願いいたします。

 

本日の迷答は「【お正月】お正月三が日をいかがおすごしでしょうか?【急遽ばかり】」をお話していきます。

 

正月三が日

 

さて、皆さま、お正月をいかがお過ごしでしょうか?

 

本日は1月3日となり、三ヶ日最終日となります。

三ヶ日と言っても静岡県浜松市の「みっかび」という地名が終わるわけではありませんので、お気をつけください。

ちゃんと「正月三ヶ日」と検索してくださいね。

 

ちなみに正月三ヶ日とは、労働基準法上の扱いは、国民の祝日と同じ法定外休日となりますので、いくら大変な時期だと言ってもお休みは必要であり、お休みをしないと最高のパフォーマンスができなくなり、結果コスパが悪くなるばかりです。

ですから、しっかりとお休みを取る事はとても大切なことですので、毎日子育てされている方にも、できる限りのお休みを取らせてください

おせち料理はその代表的な習わしなのです。

 

と言っても、わたしは仕事柄、昨日の1月2日より初売りを行うため、昨日今日とがっつりフルで仕事をしてきました。

ニュースでもあった通り、今年の電器屋の初売りは大変賑わっており、わたしの会社も大反響を頂きました。

なによりおかげさまで、現在は新型コロナウイルスがある程度沈静化しており、多くの方にご来店頂いたのです。

 

ですが中には、すでにマスクをしていない方もおり、さらには店員であるわたしに近い距離で話をされてくるお客様もおり、心の緩みがみてとれて、今後の起るであろう第6波に対して懸念をしております

ですので、わたし自身は緊褌一番の決心を持ち、子ども達も導いて行こうかと思いました

 

スポンサーリンク

急遽だらけなお正月

 

子ども達はというと、我が家では恒例になってきた、わたしの実家である母の家で年を越す行事を行い、正月である1月1日はわたしと母と子ども達は何する事なくダラダラと過ごす予定でした。

 

ですが、年末に母のご兄弟が亡くなられたため、母は急遽1月1日ですがお通夜のため朝から旅立たれました

 

よって、自宅に帰ればいいものの、わたしが動く気が全く起きず、母の家で親子3人でダラダラと過ごしたのです。

 

本来ならわたしの兄弟である上兄家族や下兄家族も帰ってくる予定だったのですが、上兄家族は昨年の11月に父の三十三回忌で帰ってきたのと、更には年末より新型コロナウイルスのオミクロン株が国内で確認が取れた理由により、帰宅を諦めたそうです。

 

また、下兄家族は昼過ぎから帰宅する予定でしたが、母が出掛けている事をしり、急遽夜に帰宅する形を取ったのです。

 

ですから、わたしの親子3人は正月である1月1日を朝から晩まで他人の家で羽を伸ばさせてもらったのでした。

と言っても、下兄家族と遊ぶのを楽しみにしていた長男と、母の帰りを今か今かと待ち侘びている次男から、わたしに対して色々なクレームを入れてきたのですが、二日酔いのわたしは寝たふりをして全力で休息を遂行したのでした。

 

スポンサーリンク

権利はく奪

 

夜の18:00になり、流石に明日仕事のため、わたしの家族しかいない中、せっかくなので我慢をしていた母のお手製のおせち料理を頂くことにしたのです。

 

本来ならお屠蘇から始めるのですが、子ども達もさすがにまてず、手早く準備を行っておせち料理を頂き始めたのでした、、、

と、いった時にタイミングよく下兄家族が帰省してきて、さらに慌ただしくなり、年始の挨拶もそこそこに、19:00頃には自宅に帰る旨を伝え、再度おせち料理を頂いたのです。

ちなみに、母の家(実家)はさほど部屋数もなく、姪っ子も成人しているため、わたしが実家を出てからは正月である1月1日の夜は自宅に戻り、1月2日の朝、また実家に戻る形を取っています。

 

母の帰りが19:00頃というのもあり、さすがに顔を見せないのも正月らしさもないので、母が帰宅してから、わたし達は自宅に帰宅しようと考えていたのです。

母が帰ってきて、お屠蘇を終わらせた瞬間に長男が開口一番

長男
長男

21:00までね

と、我が家の行動の権利をわたしから剥奪したのでした。

母も下兄家族もあまりにも急な事で唖然としたのですが、すぐに全員笑い始め、我が家にとっても、母や下兄家族にとっても、2022年は幸先の良い年となったのでした。

 

 

それでは本日の子育てはここまでとさせて頂きます。

最後までお付き合いいただき誠にありがとうございました。

 

Twitterでも子育てについてつぶやいてます。

もし宜しければフォローしていただけると幸いです。

 

ざぶ(@meitou_zabuton)

 

それでは、明日も素敵な一日をお過ごしください。

おやすみなさい。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました