【物覚えが悪い】大人も子供も興味が無い事に対しては物覚えが悪いです

子育て日記・雑記

皆さん、子育てしてますかー!

こんばんわ、迷答座布団ブログの運営をしている ざぶ(@meitou_zabuton)です。

 

わたしは40代でひとり親(シンパパ)になり、手探り状態のほぼワンオペで2人の子育てを行っております。

※詳しくはプロフィールをご覧ください。

 

その為か、子育てに対して独自の視点により迷答な体験談やお役立ち情報の発信を勝手に行うこととなりました。

もしよろしければ、「あんた座布団一枚!」と思って頂けると今後の活力になりますので、よろしくお願いいたします。

 

本日の迷答は「【物覚えが悪い】大人も子供も興味が無い事に対しては物覚えが悪いです」をお話していきます。

 

ピアニカの独特な音色で思い出し

 

さて、本日、わたしと次男がお風呂に入っている時の事です。

次男の身体を洗ってやってから、自分の身体も洗い、湯船に浸かろうとした時、次男はのぼせ始めたのか、さっきまでさんざんぶちまけていたおもちゃを黙々と片づけ始めました。

いつもであれば、わたしが湯船に浸かろうとするときに次男におもちゃを片付けるように言っているのですが、今日は次男みずから片づけをしています。

これはわたしの行動を察していつもの言われているように片づけに入ったのか、ただたんにのぼせたから片づけをしはじめたのか、、、どちらにせよ、次男もしっかりと成長しているのは間違いないと思いました。

 

次男は片づけが終わり、わたしも湯船に入ったときに、次男は肩までお風呂に浸かって

 

次男
次男

い~ちぃ

にぃ~い

さぁ~ん

 

と、50まで数えてお風呂から上がっていくのですが、次男が数えている時に何かお風呂の外から音が聞こえる気がしました。

耳をすませていると、次男が数を数えているのに合わせている感じで、しっかりと外の音を聞き取ることができないため、気のせいかと思っていました。

しかし、次男が50を数え切ってお風呂から上がったときにはっきりと聞こえたのです。

 

長男
長男

ぷわぁ~ん

ぷわぁ~ん

ぷわぁ~ん

 

と、独特の音色が聞こえてきました。

そうです、長男がピアニカを弾いているのです。

そういえば、そろそろ小学校にピアニカを持っていかなければいけないと言っていたのを思い出しました

 

スポンサーリンク

ピアニカの部品を無くした

 

そんな時に母が慌ただしく訪ねてきました。

 

母

ピアニカのジャバラ部分しらない?

たしか、冬休みになってから洗って、長男に渡したはずなんだけど

長男が無いっていうの

いまは新しいジャバラ使ってるんだけど、、、

 

と、ピアニカの本体と口を付けて吹き付ける拭き口をジャバラくねくね動くやつがどうやら行方不明になっているみたいです。

そんな慌てている母をよそに、長男は

 

長男
長男

ぷわぁ~ん

ぷわぁ~ん

ぷわぁ~ん

 

と、楽しそうにピアニカを弾いています。

 

たしかに、ピアニカのジャバラ部分と吹き口が洗われて干されていたのを確認しているのは覚えてます。

しかし、その後の行方までは追っていませんでした。

長男に、長男の机の所に無いか確認しなさいと聞いたのですが

長男
長男

探したけどなかったよ~

と、相変わらず抜けた反応です。

そんな長男の声を聴いて、わたしはある程度の目星をつけました。

おそらく、おそらく、長男の机のどこかにあるなと。

 

なぜ、そう思ったのかと言うと、冬休みが終わってから小学校に通い始めた頃です。

宿題で毎日やっている音読と計算読み上げの計算読み上げで使う単語帳みたいなのを一つ無くしたのです。

長男自身は無くした場所が分からず、わたしと母で長男の行動を考えながら、ある程度の特定をしました。

そして、無くした次に日に小学校の教室を先生にお願いして探してもらい、学童保育も担当の先生にお願いしてさがしてもらったのですが、なしのつぶてでした。

計算読み上げでしか使わないため、自宅か小学校の教室か学童保育の教室以外で落とすことは確率としてかなり低いのです。

目星をつけた所に無いとなると、絶望でしかない状況のため、母は知り合いのお子さんで残ってないか聞いてみると言っており、わたしは最悪先生にお願いして新しいのを購入しようと考えていました。

すると、数日後、無くしたはずの計算読み上げようの単語帳が見つかったのです!

どこにあったのか長男に聞いてみると

長男
長男

学校の自分の机の奥にあった!

はっ!そ、そうか!長男は物の探し方が雑だったの忘れていた!と、後悔したことがあったのです。

小学校の机には引き出しを入学時に購入して、その引き出しを入れています。

おそらく、長男はその引き出しを半分くらい出してちょろちょろ見て無いと判断したんだと思います。

 

スポンサーリンク

自分が片づけた場所を忘れていた

 

お風呂から上がったわたしは、一目散に長男の机の所に行き、家探しを始めました。

そういえば、冬休みの間に2度ほど長男が机周りを片付けていたと言っていたのを思い出しました

そのため、長男の机の引き出しを確認し、椅子をどけて机の下を確認して、机の横に物置となっている場所を探してみると、おもちゃを片づける用の空箱の中にちょこんとジャバラくんが座っておりました。

 

母は安堵し、長男は

 

長男
長男

わぁ~、あったぁ~

やったぁぁぁ!

 

と、自分の手柄のように喜んでいたのですが、、、ちょっとおかしい。

見つけたのはわたしなのに、ありがとうがない!

ここは叱っておく場面だとおもい、長男を呼び寄せてありがとうを言わない事に叱りをいれました。

しかし、長男のあまりにも雑な探し方がなんとなくわたしの中で楽しく思え、今回の叱りはあまり効果が無さそうな感じです。

 

ともあれ、母には長男の探し方の雑さをしっかりと伝え、

母

気を付ける!

と、言った時に、不意に長男が

 

長男
長男

あ、そうそう、あの時片づけたんだよ!

ほら、あそこの白い箱の中!

 

・・・いまごろかい。

 

 

それでは本日の子育てはここまでとさせて頂きます。

最後までお付き合いいただき誠にありがとうございました。

 

Twitterでも子育てについてつぶやいてます。

もし宜しければフォローしていただけると幸いです。

 

ざぶ(@meitou_zabuton)

 

それでは、明日も素敵な一日をお過ごしください。

おやすみなさい。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました