【緊急事態宣言】は手遅れだったのか、このタイミングだったのか、早かったのか?

子育て日記・雑記

皆さん、子育てしてますかー!

こんばんわ、ざぶです。

昨日は長男のさぼりと、私の体調の悪さのため、子供たちと一緒におやすみしました。

 

緊急事態宣言

 

 

4月7日に安倍晋三首相が緊急事態宣言を発令されました。

緊急事態宣言の施行は明日の4月8日午前0時からです。

 

緊急事態宣言の対象自治体は

  • 東京都
  • 神奈川県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 大阪府
  • 兵庫県
  • 福岡県

以上の7都府県です。

 

愛知に関しては

西村担当相:
「愛知県については感染者数は確かに多いのですが、倍増のスピードがゆったりとしておりますし、感染経路が分からない人が27%と比較的低いということもあって…」

感染者の数が倍になるまでにかかる日数が東京では5日、大阪では6日なのに対し、愛知では20日以上と感染拡大のスピードは比較的遅いといいます。

 

先ずは5月6日までの約一ヵ月間です。

 

それに伴い、小池都知事は5月6日まで外出自粛の要請及び、4月9日までに施設の使用制限を国と調整し、施設制限を11日から施行する予定でいるそうです。

 

施設制限までの3日間の懸念

施設制限の11日施行予定までに懸念されることは、いたずらな買い物が増えることです。

前回のトイレットペーパー等同様の無駄な買い占めが何かしら発生する懸念があります。

すでに、施設制限以外のスーパー開店前に列ができたそうです。

 

 

これがマスクの時のような二次災害にならないように祈るだけです。

 

緊急事態宣言を発令した背景

安倍晋三首相は緊急事態宣言を発令した背景として

「このペースで感染拡大が続けば(感染者が)2週間後には1万人、1カ月後には8万人を越える」と指摘し、人と人の接触を7割から8割削減させることが必要との考えを示した。

 

ただし、安倍晋三首相は今回の緊急事態宣言にて「ロックダウンではない」と強調をしています。

 

現在、今までより異常な感染者数を出している東京都にすむ20代~40代の方々が、緊急事態宣言によって地方へ流出した場合、安倍晋三首相が懸念している「このペースで感染拡大が続けば・・・」をはるかに上回る感染者を生み出すのではと思います。

 

さらに、海外からは欧米諸国の緊急事態宣言などと比べて「大胆な措置を取るのが遅い」「強制力も罰則もない」と厳しい見方が相次いぎ、評価が低いとされています。

 

 

今回の緊急事態宣言に対して私なりの考察

緊急事態宣言を出すタイミングに関しては、新型コロナウイルスの潜伏期間を考慮して、約二週間前が良いのではと思います。

私の日記によれば、3月14日に改正新型インフルエンザ等対策特別措置法が可決され、いつでも緊急事態宣言が出せる状況になっていたはずです。

さらに、3月14日の数日前にWHO(世界保健機関)から新型コロナウイルスがパンデミックと発表されて、中国からヨーロッパに中心を移したころ合いでした。

その日にイタリア・スペインと同様に当時は感染者数の少なかったアメリカが緊急事態宣言を発令しています。

 

 

それでも、現在のアメリカでは大変な感染者数と死者を出しております。

 

そのアメリカの数値が一週間前の日本なので、もう一週間遡ったあたりかと思います。

そうなれば、現在の数値にて何らかの変化が見られたのではないのでしょうか?

 

警察の対処もそうですが、犯罪が行われてからでは遅いとは思いませんか?

今回の件もすでに二週間後を見据えたところ、一ヶ月後に8万人の感染者と安倍晋三首相はおっしゃっていますが、今回の緊急事態宣言で7都府県に対しての発令と、ロックダウンではない規制の甘さではそれ以上の感染者を生み出すのではと懸念があります。

 

その者たちが二次被害、三次被害を引き起こさないとも、さらなる懸念が持てます。

 

長男のチャレンジコーナー【パズル】

昨日は、長男さぼったため、まったく進みませんでした。

スプラトゥーンは結構進んだんですけどね。

 

2020年4月7日:三日目にして1時間した結果

 

見た目、ほぼほぼ完成に近いかと思います。

しかし、これからが同色が多くなり大変な所です。

明日は本来入学式、ですが、延期です。

一日時間がありますが、昨日の事もあるので、どうなることやら・・・。

 

 

それでは、本日の子育てはここまでとさせて頂きます。

おやすみなさい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました