【足底板(インソール)】今度こそ本当にギブスから解放されました【楽しんでいます】

子育て日記・雑記

皆さん、子育てしてますかー!

皆さん、足にギブス付けた事ありますか?

まぁ、あまりいませんよね。

苦痛でしかありませんでした。

 

こんばんわ、迷答座布団ブログの運営をしている ざぶ(@meitou_zabuton)です。

 

わたしは40代でひとり親(シンパパ)になり、手探り状態のほぼワンオペで2人の子育てを行っております。

※詳しくはプロフィールをご覧ください。

 

その為か、子育てに対して独自の視点により迷答な体験談やお役立ち情報の発信を勝手に行うこととなりました。

もしよろしければ、「あんた座布団一枚!」と思って頂けると今後の活力になりますので、よろしくお願いいたします。

 

本日の迷答は「【足底板(インソール)】今度こそ本当にギブスから解放されました【楽しんでいます】」をお話していきます。

 

快適な通院

 

さて、今日はみんな大好き月曜日です。

と言っても、わたしはここ最近の月曜日には病院に行っているのですが、なぜか時間帯的に長男が帰ってくる時間に被るように予約が入っています

 

まぁ、始めは足底板(インソール)を作成してくださる業者様が、どうやらこの時間に病院に滞在するという事で予定を取ったのです。

その後は、担当医の助手をされている看護師さんから、同じ曜日の同じ時間でいいですね?と、問答無用で予定を抑えてくださいます。

長男が帰ってくる時間に被るのはと考えたのですが、この時間帯の病院は結構すいており、スムーズに診察に入れるため、結構気に入っています

 

以前、くも膜下出血の定期検査の時は、予定を取るのですが、午前中という事もあり、予定の時間を1時間はざらに越えて診察でした。

その待っている時がかなり苦痛でもあり、さらには新型コロナウイルスの感染の恐れもあり、色々と大変だった思いがありました。

 

くも膜下出血の通院をしていた病院とは、今回の行きつけの病院の大きさは違えども、やはり、せっかく予定を取ったのであればスムーズに診察は受けたいものです。

こういった事情と、明日からわたしは仕事に戻るのですが、固定休みが月曜日という事もあるため、長男と母には悪いのですが、月曜日の午後診察に対しては特に何も言わない事にしました

 

スポンサーリンク

快適な足底板(インソール)

 

という事で、先週の月曜日に足底板(インソール)が出来上がり、やっとこさ苦痛のギブスから解放されたのです。

 

半分ギブスでも、お風呂に入る事はできました。

しかし、ギブスを固定するのが包帯みたいなもので、ギブスと足をグリングリンに巻かなければいけなく、かなり面倒でした。

さらには、当たり前ですが、ギブスが硬く、ギブスのはっしこの曲がっている部分が足の肉に刺さったりして痛かったのを覚えています。

 

骨折した部分のかかとは固定されていいのですが、歩こうとするとどうしてもかかとを床に落とすことが出来ず、常につま先立ちを強要されます。

初めてギブスをされた日はかかとが痛くないと嬉しそうに家の中で歩き回っていたのですが、矯正つま先立ちの為、翌日には骨折した方の左足のふくらはぎが筋肉痛

で、左足をかばうために、ある程度右足に体重を乗せるの為、右足も筋肉痛

その筋肉痛を我慢して二日目を過ごしたのですが、三日目には筋肉痛が辛くて、出来るだけ上体(ほぼ腕)に体重をかけるようにして動きます。

まぁ、そこまでして動きたいかと思いますが、一日中誰もいない家の中で何もできないでいると、動きたくもなります。

で、四日目には両足はもちろんの事、上半身も筋肉痛となって、四日目、五日目を全身筋肉痛でのたうち回ります。

そうなると、精神がやられてしまい、動かなくなり、もうマグロ状態です。

しかし、左足には硬いギブスがあるため、一方方向でずーっとマグロになってることもできず、もぞもぞと態勢を繰り返し変えているのです。

おそらく、はたから見たら、もはや、むしのいき・・・。

そうなると、今度はフローリングや畳の上では身体を下に接する部分も痛くなり、仕方なく柔らかいベットの上が居住区となります。

しかし、ベットは二階、トイレは一階・・・。

 

一日一食で、なるべく飲み物も飲まないようにして、そしてなるべく動かないようにして、ひっそりと過ごしていました

 

こんな生活を約三週間弱過ごしたのです。

もう、ギブスが取れて足底板(インソール)になった時の喜びとは、もう阿鼻叫喚・・・ちがうっ、狂喜乱舞。

 

スポンサーリンク

足底板(インソール)の落とし穴

 

という事で、つい嬉しすぎて、二、三日を足底板(インソール)と共に過ごしたのです。

そんなわたしを待ち構えていたのが、臭くなった足底板(インソール)です。

 

お風呂には毎日入って、生活は家の中で、靴も靴下さえも履かずにいたのですが、この時期です。

やっぱり蒸れたのでしょう。

ある日、お風呂に入ろうと足底板(インソール)を外したとき、何処からか「ぷぅ~ん」と臭ったのです。

 

考える父
考える父

何だろう、この違和感のある臭い

今までこの家でこんな臭いなかったのになぁ

 

なんて思っていたのです。

ですが、わたしの癖なのですが、鼻を右手の人差し指と親指でつまむ事があるのです。

その時です!

 

手  く さ っ

 

と、かなりの臭いがしました。

が、何か覚えのある臭いだと、、、思った瞬間、足底板(インソール)が目に入りました。

もしかしてと思い、足底板(インソール)を香ってみると・・・。

 

と、いう事で、みなさん、足底板(インソール)はこまめに洗いましょう

そして、移動しないときは、なるべく外しましょう

 

 

 

それでは本日の子育てはここまでとさせて頂きます。

最後までお付き合いいただき誠にありがとうございました。

 

Twitterでも子育てについてつぶやいてます。

もし宜しければフォローしていただけると幸いです。

 

ざぶ(@meitou_zabuton)

 

それでは、明日も素敵な一日をお過ごしください。

おやすみなさい。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました