【誕生日プレゼント】6歳になった次男は誕プレに思いを馳せる【心の成長】

子育て日記・悩み

皆さん、子育てしてますかー!

皆さん、お子さんの誕生日にプレゼントを渡していますか?

我が家は渡しています。

しかし、買いに行けないときもあり、そんな時はネット購入が便利だと思っています。

 

こんばんわ、迷答座布団ブログの運営をしている ざぶ(@meitou_zabuton)です。

 

わたしは40代でひとり親(シンパパ)になり、手探り状態のほぼワンオペで2人の子育てを行っております。

※詳しくはプロフィールをご覧ください。

 

その為か、子育てに対して独自の視点により迷答な体験談やお役立ち情報の発信を勝手に行うこととなりました。

もしよろしければ、「あんた座布団一枚!」と思って頂けると今後の活力になりますので、よろしくお願いいたします。

 

本日の迷答は「【誕生日プレゼント】6歳になった次男は誕プレに思いを馳せる【心の成長】」をお話していきます。

 

誕生日プレゼントが遠のいた

 

さて、5月30日は次男の誕生日でした。

現在、わたしは足を骨折しているため、出歩くことができません。

足を骨折したのが11日で、当時はまだ次男の誕生日プレゼントを考え中だったのです。

ですから、次男の誕生日プレゼントはまだ買えていないのです。

 

で、本来な5月28日の土曜日に荷物持ちの長男と、こっそり2人で買いに行こうと話していたのです。

 

が、その数日前に、次男の保育園にて新型コロナウイルスの陽性者が出たことにより、クラス閉鎖が出ました。

幸い、次男のクラスではありませんが、土曜保育となると、一つのクラスに集められるため、大事をとって次男を土曜日の保育を休ませることになったのです。

 

となると、長男と約束していた買い物ができなくなると思ったのですが、ですが年1回の次男の誕生日です。

せっかくなので、次男も連れて次男の誕生日プレゼントを買いに行こうと決めました。

 

しかし、なんでしょうか、次男に運が無いのか、長男に運が無いのか、わたしに運が無いのか分かりませんが・・・。

 

前日の金曜日に少し体調を崩した長男が、その晩に熱が出たり吐いたりしました。

翌日の土曜日も長男の体調も良くならないため、次男には申し訳ないが次男の誕生日プレゼントの買い物を取りやめたのです。

 

もちろん、次男は納得がいかない様子ですが、大好きなお兄ちゃんが苦しそうにしているのを見ると何も言えなくなったみたいです。

わたしは次男に対して可哀想な感じをしましたが、ここで長男を置いて行くのは何か間違っている気がしたのです。

ですから、次男には次の日曜日に買いに行こうねと、必ず買うことの約束をしたのです。

 

スポンサーリンク

離れていても母親

 

ということで、次男の誕生日にわたしは誕生日プレゼントを渡してやることができませんでした

 

ですが、元妻からは次男の誕生日プレゼントが届いています

 

先々月末(4月)に元妻から連絡が来て、次男の誕生日プレゼントは何がいいか聞いてくれと。

まぁ、子ども達の誕生日前になるといつも連絡してくるので、予想はしていました。

ですので、長男の誕生日(2月)が終わってから、ずーっと探っていたのですが、次男の欲しいものっていうのは、なかなか定まりません。

目に入った物はすぐ欲しくなるタイプ。

あれが欲しい、これが欲しい、と。

日毎に欲しいものが変わる性格で、しっかりと把握することができませんでした。

そうこうしているうちに元妻から連絡が来たのです。

 

昨年の次男の欲しいものは、わたしと次男の2人でおもちゃ屋に行き、わたしが選ぶものと、こっそりと他にも欲しい物がどれか探ってから、元妻に伝えました。

で、今年も結局次男の欲しいものがどれかわからなかった為、今年も、去年と同じ方法を取ろうと考えていました。

で、待望の5月11日・・・チーン・・・。

さて、どうしたものか・・・。

 

と、いうことで、元妻には申し訳ないが、全くわからんと、そのまま報告をして、とりあえず、ポケモンの何かでいいと思うと伝えときました。

まぁ、さすがは子ども達の母親です。

離れていても、ある程ど欲しい物がわかるみたいです。

で、元妻からこれならどう?と写真を送られてきたのが「マウスでゲットパソコン」。

そういえば、去年、長男にそろそろパソコンになれるようになってもらうため、「Spica note(スピカノート)」を買ったことを元妻に伝えたことがありました。

おそらく、そこから次男の気持ちを考えて、選んだのでしょう。

流石にわたしも、次男の側にいたにも関わらず、全く気がつきませんでした。

 

 

母親への思い

 

わたしはせめてもの償いに、次男には元妻からプレゼントが届くよとは伝えておきました

 

成長した次男は昨年とは違い、喜びはしたのですが、グッと自分の中に喜びを押し込めたのです。

そこには色々な考えが入っており、長男に対する思い、母に対する思い、わたしに対する思いが次男の中で葛藤し、そういった行動に出たのでしょう。

唯一発したのは、誕生日当日の夕方に手巻き寿司を食べていたときです。

もう、食事も終わりに近づき、そろそろお開きになりそうな時に、次男はフッと言い放ったのです。

次男
次男

ママからのプレゼントは?

と。

この一言で、どれだけ次男がプレゼントを楽しみにしていたのかが伺えます。

 

元嫁からの誕生日プレゼントの中身を知っているため、次男はそれを見ると夢中になってしまうのでは無いかと考え、わたしは食後に渡そうと思っていました。

ですが、次男はママからの誕生日プレゼントを待ち侘びていたのでしょう。

コロナの問題でなかなか会えていないこともあります。

最近でこそ、次男は我が家が一般家庭と違うことを認識し始めたのです。

ある時、次男がわたしに

 

怒る次男
怒る次男

どうしてママはここに一緒にいないの?

ボク知ってるよ?

パパと喧嘩したんでしょ!

 

と、おそらく次男はどうして居ないのかと元嫁に聞いて、元嫁は喧嘩したと伝えたのでしょう。

だから、家には居ないと、次男の中で理解しているのです。

次男にはママへの愛情が少しずつ大きくなってきているのです。

 

あれだけ我慢していた次男

でも、まだまだ幼い次男。

ついつい、ポロッと言ってしまったのでしょう。

言った後の次男の顔は何か寂しげでした。

 

 

 

それでは本日の子育てはここまでとさせて頂きます。

最後までお付き合いいただき誠にありがとうございました。

 

Twitterでも子育てについてつぶやいてます。

もし宜しければフォローしていただけると幸いです。

 

ざぶ(@meitou_zabuton)

 

それでは、明日も素敵な一日をお過ごしください。

おやすみなさい。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました