【散髪】わたしは散髪が大っ嫌いです【子ども達は別】

子育て日記・雑記

皆さん、子育てしてますかー!

皆さん、散髪にどれくらいの時間なら耐えられますか?

ただの散髪ですよ?

わたしは、もって30分です。

 

こんばんわ、迷答座布団ブログの運営をしている ざぶ(@meitou_zabuton)です。

 

わたしは40代でひとり親(シンパパ)になり、手探り状態のほぼワンオペで2人の子育てを行っております。

※詳しくはプロフィールをご覧ください。

 

その為か、子育てに対して独自の視点により迷答な体験談やお役立ち情報の発信を勝手に行うこととなりました。

もしよろしければ、「あんた座布団一枚!」と思って頂けると今後の活力になりますので、よろしくお願いいたします。

 

本日の迷答は「【散髪】わたしは散髪が大っ嫌いです【子ども達は別】」をお話していきます。

 

心機一転

 

さて、本日はみんな大好き月曜日です。

 

いやぁ、ほんと久しぶりに、普段の休日を過ごさせていただきました

年末年始は休みが連休で取れなくなることが多く、取れたとしても、子ども達が常にいる状態のため、なかなか休息が取れませんでした。

結果、子ども達が居るにもかかわらず、疲れが溜まっているのと、次の仕事の事もあるので、横になっていることが多くなってしまい、反省しかありません

 

しかしながら、幸いか、おかげで子ども達はしっかりと自分の事も色々と出来るようになってきたのです。

特に、次男は小言も多くなり、また言葉に理がかなってきたのか、たまにぐうの音が出ないときがあります。

長男も長男で、何だかんだ言いながら、次男の世話をしてくれることも多くなり、次男も何だかんだ言いながらも、わたしなんかよりも長男に頼りを寄せている次第です。

 

雨降って地固まるや、ピンチはチャンスとはよく言ったもので、昔の言葉はよくよく考えられたものだと、改めて実感致しました。

 

とはいえ、このままでいいわけではないので、遅らせながら、心機一転、子育てと仕事を上手く両立できるように動こうと思います。

 

まぁ、そんなことはどうでもいいのですが。

 

スポンサーリンク

散髪が嫌い

 

しかし、せっかくの心機一転もあり、次男の保育園での全体写真は終わってしまったのですが、うざくなってきた髪の毛を整理しようと決めたのです。

 

そもそも、散髪に関しては、わたしは、はっきり言って、嫌いです

 

じーっとしている時間、してもらっている手前ですが、わたしは人見知りの為、あまり話さない方なのですが、それでも沈黙の時間も苦手で、結果、苦痛でしかない時間帯なのです。

ですから、わたしは半年に一回の散髪、出来れば一年に一回の散髪で過ごしてきました。

ちなみに、本来なら坊主(散髪時間帯も最短)が良いのですが、仕事柄、坊主はダメだと言われてしまい、仕方がないので、角刈りにしています。

 

ですから、わたしにとって散髪とは、一世一代の 決 断 なのです!

 

で、

自分だけならそれでいいのですが、わたしには子ども達がいます。

いやぁ、我が子なら、坊主でしょ!

と、毎回言うのですが、全否定

坊主の良さを全力でプレゼンするのですが、全否定

パパも坊主やりたいんだよ、と言っても、全否定

なんなんですか、この子たちは、ほんと、激おこですよ。

 

仕方がないので、今日もいつもの通りに、前髪はおでこが出るまでで、裾狩り、刈上げで、手を打っておきました。

はい、ぼっちゃん2体完成です。

本人たち全くの認識なし。

ふっ。

 

スポンサーリンク

小さな幸せ

 

そもそも、わたしが散髪が嫌いになったのが、昔の床屋です

 

毎回行っていた床屋は、わたしの父の同級生で、人柄も良く仲良くしていたのは事実です。

ですが、いざ散髪が始まると、大体2時間もかかるんですよ。

人として、辛くない?

もう、コスパやタイパなんてあったもんじゃありません。

それでいて、ワンカットで5000円弱です。

もちろん、髭剃り、シャンプー有です。

それにしても、2時間って・・・。

それが苦痛で、苦痛で・・・。

で、前出話した状況に陥ったのです。

 

ですから、父には申し訳ないのですが、今は違うところに行っています。

価格はあまり気にならないのですが、なんせ、時間です。

 

特に、次男は落ち着きがなく、大人しく待っていることができません。

それが気になって、気になって。

で、結果、スピード勝負という事で、上手い下手なんてお構いなしで、早いところへ行っています。

 

平均、ワンカット20分。

もちろん、髭剃り、シャンプー付き。

いやぁ、快適です。

 

で、今日はとうとう、わたしと長男、次男の三人いっぺんの散髪をお願いしました。

と言うのも、先ほどもお話した通り、次男の落ち着きのなさが気になり過ぎて、子ども達はわたしは散髪をせず、別の機会で伺っていたのです。

ですが、もうすぐ小学生になる次男、そろそろ散髪の時間くらい我慢できないとと思い、今日思い切ってわたしも散髪してしまいました。

ただし、やはり初めての事なので、次男だけ髭剃り・シャンプーは無しです。

となると、かなり早く終わるのですが、その後大人しく待っているようにと、事前から言い聞かせていました。

 

結果、いやぁ、次男、成長しました。

言いつけを守って、大人しく、足の上に手を乗せて、背筋を伸ばして、わたしや長男を観察していたのです。

こんな些細な事ですが、子どもの成長を見れるのは幸せな事なのかもしれません。

 

ちなみに、長男が終わってからは、次男も安心したのか、長男とじゃれ合っていました。

そこから、散髪屋さんの手が早くなったのは言うまでもありません。

 

 

それでは本日の子育てはここまでとさせて頂きます。

最後までお付き合いいただき誠にありがとうございました。

 

Twitterでも子育てについてつぶやいてます。

もし宜しければフォローしていただけると幸いです。

 

ざぶ(@meitou_zabuton)

 

それでは、明日も素敵な一日をお過ごしください。

おやすみなさい。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました