【たこ焼き】日曜ドタバタたこ焼き劇場

子育て日記・雑記

皆さん、子育てしてますかー!

こんばんわ、迷答座布団ブログの運営をしている ざぶ(@meitou_zabuton)です。

 

わたしは40代でひとり親(シンパパ)になり、手探り状態のほぼワンオペで2人の子育てを行っております。

※詳しくはプロフィールをご覧ください。

 

その為か、子育てに対して独自の視点により迷答な体験談やお役立ち情報の発信を行うこととなりました。

もしよろしければ、「あんた座布団一枚!」と思って頂けると今後の活力になりますので、よろしくお願いいたします。

 

本日の迷答は「日曜ドタバタたこ焼き劇場」をお話していきます。

 

7年物のたこ焼き機

 

さて、先日の日曜日に子どもたちと母とわたしとの4人でたこ焼きを行いました。

実はたこ焼きは新型コロナウイルスによる外出自粛の時に作ろうと考えていたのですが、たこ焼き機が売り切れとたこ焼きの粉が売り切れていて作れなかったので、念願のたこ焼きでした。

 

実際にたこ焼きを作ったのは長男が産まれる前までさかのぼりますので約7年ぶりとなります。

一週間前の三連休の時に家の中を掃除していたら当時使っていたたこ焼き機を見つけ、その時に子どもたちに向かって次の日曜日にたこ焼きするぞ!と宣言をしておきました。

たこ焼き機を見つけた時に作らなかったのは、約7年間もの間箱の中で過ごしていた事に対しての労わりと恐ろしさの為です。

いくら免疫が出来てき始めてるとはいえ、まだ一桁の子どもたちに約7年間もの間眠っていたたこ焼き機ですぐさまたこ焼きを作る根性はわたしにはありませんでした。

そのため、1日一回洗って過熱してってのを残りの日数行い、十分に熱菌作用を利用してたこ焼きをしようと考えたからです。

 

スポンサーリンク

たこ焼きをいっぱい食べたい長男

 

と言う事で、たこ焼き機のメンテナンスをしっかり行ってから日曜日に晩御飯でたこ焼きを食べる段取りを取ったのですが、長男がたくさんたこ焼きを食べたいがために朝ごはんをバナナ1本とお昼ご飯を抜く暴挙にでました。

次男は朝バナナ1本とお兄ちゃんに合わせたのですが、我慢が出来ずお昼ご飯はパパが作る焼きおにぎり茶漬けをせがんできたので、作ってやりました。

本来なら、焼きおにぎり(冷凍)を1つですが、朝ごはんを抜いたようなものなので焼きおにぎりを2つで作りました。

 

お昼ごはん後は次男はお昼寝に入り、いつもなら長男はゲームをする時間帯でしたが、前々日の金曜日にお約束を守らなかった長男は昨日に続き日曜日もゲーム無しの日と罰を受けています。

とはいえ、寂しい中一人で2時間も時間を過ごすのにyoutubeまで奪ってしまうのはかわいそうだと思い、土曜日は禁止しましたが日曜日の次男のお昼寝の間だけはyoutubeを見てもいいと許可をだしました。

喜んだ長男は次男のお昼寝の間(と言いつつ、次男は早めに起きて長男と一緒にyoutubeをみていました、2時間半も寝てたのはわたしです)ずーっとyoutubeを見ていたのです。

 

お昼寝から起きてきたわたしに長男と次男が擦り寄ってきて、3時のおやつをねだってきたのです。

既に3時半を回っていてこれからたこ焼きの準備をしなければいけないのですが、寝過ごしたのはわたしだけです。

そんなわたしを労わってくれたのか、長男も次男もわたしを起こさずにいてくれたことに感謝をしつつ、おやつの準備をしてやりました

 

スポンサーリンク

我が家の日曜ドタバタたこ焼き劇場

 

おやつタイムが終わった所で、ちょうど母が自宅に来ました。

たこ焼きの買い出しに行かなければいけないため、長男は母の手伝いをしたいと言う事でお留守番をし、次男は一緒に買い物に来たのです。

途中雨上がりのため山間で虹が見え次男は大はしゃぎ

一方、買い物から帰ってみると長男はキャベツを切るときに自分の指まで切ってしまい、人差し指が包帯でぐるんぐるんでした

 

それからたこ焼きの出汁を作りましたが、わたし自身久しぶりすぎて感覚が判りません。

それ以上に母はたこ焼き自体を家で作るのが初めてでキャベツをこんもりと切ってしまい、4人前のたこ焼きの出汁と同じくらいの量のキャベツが用意されていたのです。

 

それが多いと思いもしないわたしも大変なことで、たこ焼き機(↓商品後継機種)に出汁を注ぎ込んだらぎりっぎりでした。

たこ焼き出汁は32個分と記載があり、たこ焼き機は24個分の作成となっていますが、失敗したキャベツを入れなければ丁度いい量です。

 

 

しかもたこ焼きピックでグリングリンしていたところ、なんと油を引くのを忘れていたことに気が付いたのです。

そうなると少し焦げ目がつくくらいまで焼かないと周りそうにないのですが、たこ焼きが回り始めたころには表面がベビーカステラ状になっていました。

まぁ、たこ焼き初心者の母とたこ焼き久々のわたしが頑張って作った結果ですので、おいしいと言う事で終わったのですが、長男がいざ食べようとすると

 

長男
長男

たこ抜いてー

たこいらない!!

 

まてまてまて・・・。

たこ焼きでたこ抜いたら・・・そして今回はキャベツたっぷりのため、、、

 

パパ
パパ

たこ抜いたらたこ焼きじゃなくて

ただのキャベツ焼きになるよ!

 

しかし、長男は頑としてたこを抜くことを母に猛烈に訴えています。

仕方なしに長男のたこ焼きからたこを抜いてお皿を渡すと

 

長男
長男

これ、お好み焼きみたい

あははははは

 

ちょっとまて・・・、朝あれだけたこ焼き食べたいと言っていたのはどなたでしたっけ?

しかも焼いているのに時間が掛かるため、その間にほぼ飲んでしまった500mlのジュースの為か、お腹がいっぱいになりたった4個で終わってしまったのです。

 

すると長男が母が買ってきてくれた果物を見つけており、その果物を食べたいと言い出したのです。

仕方がないので果物の準備をする間にパジャマに着替えるように言うと、喜んだ二人は走ってパジャマを取りにいきました。

しかし、テレビを付けながら着替えていたのでモタモタ着替えになっており、なかなか果物までたどり着けません。

 

すると不意に次男が

次男
次男

あー、出てしまった

と言ったので、次男の方へ向くと、すっぱだかの次男が床に向かっておしっこを放出していました。

そんな次男を見たら普通なら怒ってしまうだろうけど、なぜかこの日ばかりは笑いがとまりませんでした

 

 

本日の子育てはここまでとさせて頂きます。

最後までお付き合いいただき誠にありがとうございました。

 

Twitterでも子育てについてつぶやいてます。

もし宜しければフォローしていただけると幸いです。

 

ざぶ(@meitou_zabuton)

 

それでは、明日も素敵な一日をお過ごしください。

おやすみなさい。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました