【悲報】志村けんさん安らかにお休みください

子育て日記・悩み

皆さん、子育てしてますかー!

こんばんわ、ざぶです。

今日の朝一番に最も悲しい情報が伝わりました。

 

志村けんさんご逝去 享年70歳

 

先月2月20日に70歳の誕生日を迎えた志村けんさん。

長男の誕生日から3日後のことでした。

 

それから、たった1か月後の(3月23日)に新型コロナウイルスの陽性発覚。

そして10日も経たずに、昨日(3月29日)午後11時10分ご逝去。

翌日(3月30日)午前9時58分にテレビのテロップにて全国発表。

 

yahooニュースの記事ですが、失礼極まりない所業なのは存じますが

私の意識の中に残しておきたい方でもあるので、リンクではなく記事自体をそのまま写したいと思います。

 

もし、万が一問題があるのであれば、ご一報ください。

 

ザ・ドリフターズのメンバーでタレントの志村けん(本名・志村康徳=しむら・やすのり)さんが29日午後11時10分、新型コロナウイルス肺炎のため亡くなった。所属事務所が30日に発表した。「東村山音頭」「カラスの勝手でしょ」「アイ~ン」など数々のギャグを生み出し、国民的な人気タレントとして活躍した。葬儀・告別式は近親者で行う。

 

あまりにも突然の訃報だった。所属するイザワオフィスによると、志村さんは今月17日に倦怠(けんたい)感があったため自宅静養に入った。19日に発熱と呼吸困難の症状が出て、20日に訪問診察を受けた。医師の判断で東京・港区内の病院に搬送され、重度の肺炎と診断されてそのまま入院した。その後、23日に新型コロナウイルス検査で陽性と判明、24日に新宿区内の国立国際医療研究センターに転院して治療を続けていた。事務所関係者によると、志村さんは21日に人工呼吸器をつける際、麻酔でねむったが、「それから意識はなかった」と明かした。今後、遺族と相談しながらお別れの会をとりおこなうか検討するという。

事務所関係者によると、志村さんは今年1月に定期健診で胃のポリープが発見され摘出手術のために6日ほど入院していた。また、愛煙家として知られ、関係者によると多い時には1日60本吸っていたが、「16年に肺炎で入院した以降は禁煙していた」。一方で、飲酒は続けており「毎晩のように飲んでいた」というが、関係者は「基本的に通院するような持病もなく体調は良かった」と話した。

志村さんはTBS系「8時だョ!全員集合」の「少年少女合唱隊」のコーナーで地元の「東村山音頭」を歌ったことでブレーク。加藤茶(77)とのコンビの「ヒゲダンス」などが大流行し、国民的な人気となった。俳優としても活躍し、30日放送開始のNHK連続テレビ小説「エール」、年末には初主演映画「キネマの神様」への出演が予定されていた。日本中を笑いと感動に包んだスターがまた1人、旅立った。

出典:yahooニュース 日刊スポーツ様 3/30(月) 20:17配信 最終更新:3/30(月) 21:25

 

 

わたしが物心がつき、テレビを見始め、楽しかった番組が「ドリフ大爆笑」でした。

当時のギャグを子供たちはマネて遊んでいたのを覚えています。

とりわけ、志村けんさんのギャグはみんながみんなやっていました。

 

私自身もやっていたのを覚えています。

また、そのころから他の人を笑わせるのが楽しいと感じていました。

 

まじめないかりや長介さんの話に、メンバーが寄ってたかってボケる

同じコントのボケを少しずつ変えていく

加藤茶さんと志村けんさんの二人の絡み、どっちが大きくボケるか

 

などなど、、、

こんなの、子供が絶対にマネするにきまってる事を、大の大人が真剣に魅せていたのです。

 

現在のようにメディアが発達していない分、当時のドリフターズのお笑いは全国民の注目の的だったはずです。

お笑いは、漫才だけじゃない!ってのがあり、さらにはお笑いがアーティストとして定着が付いたかと思います。

 

 

私の母も、志村けんさんと同世代です。

母は花粉症でもあり、最近になって咳が目立ちます。

 

人生には寿命があるかと思いますが、志村さんの死を無駄にしないためには、母には十二分に気を付けていきたいと思います。

 

ハリセンボンの近藤春奈さんの言葉

「何とか絶対、戻ってきていただけると思っていたので、まだお礼も何もできていないのでちょっと…受け止められない。すみません。自分たちが気をつけることで自分が守るんじゃなくて、他の方を守るという意識を持たないと感染は終息しない」と声を絞り出した。

 

突然受けた訃報にぱっとでた言葉はあまりにもリアリティがあり、真に受け止めなければいけない言葉を代弁してくれました。

 

また、小池都知事の言葉

まず、謹んでお悔やみを申し上げたいと存じます。

志村さんといえば、本当にエンターテイナーとして、みんなに楽しみであったり、それから笑いを届けてくださったと感謝したい。

最後にですね、悲しみとコロナウイルスの危険性についてですね、しっかりメッセージを皆さんに届けてくださったという、その最後の功績も大変大きいものがあると思っています。

 

賛否両論ありますが、私はこの言葉に感動を覚えました。

都知事という肩書であり、全都民を守る立場の方が、たった一人の死に対して最大の賛辞を贈ったのです。

これは、他に亡くなった方のご家族ご親族に対して行ってはいけない発言になるかとは思います。

 

しかし、この言葉の最後の言葉で世の中に影響力のある方だからこそ、他の亡くなった方を含め最後のメッセージとしたと、まとめています。

 

 

新型コロナウイルスの災害はまだまだ終わりません。

この志村けんさんのダイニングメッセージと、近藤春奈さんと小池都知事の言葉を胸に

これからも一個人として最大限に出来ることを行っていこうと思います。

 

 

あの世

長さん「なんでおめぇがもうきたんだよっ」

けんさん「いや、あっしもまだ来たくなかったんですけどね」

けんさん「あれでさぁ、長さんがさみしがっちゃいねぇかと思ってさ」

長さん「ばぁかかぁおめぇは、、、照」

 

 

それでは、本日の子育てはここまでとさせて頂きます。

おやすみなさい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました