【問題児】いじめに対するSOSを出している長男を見つけました【我が子への愛情】

子育て日記・悩み

皆さん、子育てしてますかー!

皆さん、「いじめ」って始めから「いじめ」していると思いますか?

些細なことから始まり、継続的になり、そしてだんだんと「いじめ」になっていくのです。

ですから、些細なことから注意をした方が、早めになんとかできるはずです!

 

こんばんわ、迷答座布団ブログの運営をしている ざぶ(@meitou_zabuton)です。

 

わたしは40代でひとり親(シンパパ)になり、手探り状態のほぼワンオペで2人の子育てを行っております。

※詳しくはプロフィールをご覧ください。

 

その為か、子育てに対して独自の視点により迷答な体験談やお役立ち情報の発信を勝手に行うこととなりました。

もしよろしければ、「あんた座布団一枚!」と思って頂けると今後の活力になりますので、よろしくお願いいたします。

 

本日の迷答は「【問題児】いじめに対するSOSを出している長男を見つけました【我が子への愛情】」をお話していきます。

 

小学校からの呼び出し

 

さて、本日は皆さん大大好きな月曜日です!

そして、わたしにとってはこの一か月間、長男の事で悩みまくった月曜日でした。

というのも、先々々週の月曜日先々週の月曜日と先週の月曜日と今日の月曜日、四週間連続で長男の小学校からお呼び出しを頂きました。

先週の月曜日に関してはブログを書きそびれたので、リンクはありません。

 

どうやら、わたしは長男の小学校へ月曜の放課後に登校する習慣を付けられそうで困ってます。

もちろん、長男も担任の先生も、わたしが月曜日は仕事休みで自宅に居る事を知っています。

 

4回とも言えることは

 

担任の先生 (電話)
担任の先生 (電話)

長男くんがお家に帰りたくないと言っています

お越し頂けますでしょうか

 

が、始めの2回で

 

担任の先生 (電話)
担任の先生 (電話)

長男くんがお話をしたいと言っていますので

お越し頂けますでしょうか

 

が、先週と今週で、小学校からの呼び出しですが、はっきり言えば長男からの呼び出しです。

一度わたしがお迎えに行くと長男は癖になってしまうところは、わたしと同じ匂いがします。

 

スポンサーリンク

親から子への愛情

 

結果として、長男はわたしに甘えており、わたしの愛情が足りなかったところなのですが。

 

長男はそれをいいことに、何かに置き換えて嫌がり、自分通りに物事を動かそうとしているのです。

始めに言っておきますが、長男は賢い子であり、自己防衛能力が人より優れています。

こう書くと、悪いように聞こえるのですが、長男が好んで意図的にそうなったのではなく、家庭環境がそうさせてしまったのが原因なのです。

ですから、親であるわたしは忍耐強く、長男のある程度の成長と並行して、色々と教えていかないといけないのです。

なので、ただ単に愛情が無いからと言って、長男を抱いて、あごに手をやり、ヨーシヨシヨシヨシ、なんてしても意味がありません。

親から子へ徳育を行わなければいけないのですが、物事をある程度理解している大人へとは違い、物事の知識がまだ乏しく、経験が少ない子へ、判り易く、根気強く語っていかなければいけないのです。

これが、子への愛情となるのです。

 

スポンサーリンク

いじめからのSOS

 

ただ、悪い事ばかりではないのですが、やはりと言いますか、時が来たみたいな感じの言葉を、長男から聞き出すことができ始めました

 

というのも、長男の問題行動が明るみになった時に長男の同級生でちょっとした問題児くんの事を書きましたが、その子が2年に渡り、どうやらかかわっているようなのです。

 

まさかの、一周回ってなんとやらです。

 

いじめ、まではいっていないのですが、かなりちょっかいを掛けられているらしいのです。

もちろん、長男だけではなく、相変わらずクラスみんなに嫌がらせをしているらしく、ただ、まだ問題定義までは上がってないようで、先生の中でも子ども同士のじゃれ合いが少し酷いと思っている状況らしいのです。

 

ですので、今日呼ばれたときに、長男には少し席を外してもらい、担任の先生に先週長男から聞き出した事を伝えました。

先週、長男がもう手を付けられなくなった一つの原因が、長男が一年生の足を踏んだというのをみんなに責められたらしいのですが、長男は踏んだ覚えがないそうです。

で、近くに寄ったかどうか確認すると、どうやらその時にその問題児くんに後ろから押されて倒れたとは言いました。

ただ、その時に踏んだと周りが言ってるけど、長男自身は踏んだ覚えがないと言っているそうです。

と言うのが、先週の問題で、わたしが担任の先生に伝えた事です。

すると、先生の顔が曇りだし、何か納得がいった感じの相槌をしておられました。

ただ、わたしが話した内容は、あくまで長男が話した内容であり、わたし自身、その現場を見ていませんので事の真相はわかりませんとは伝えています。

それと

実のところ2、3か月前にその問題児くんが休み時間中に棒を振り回しており、何人の子がその棒で叩かれたそうで、長男も少しミミズばれが出来るくらいの跡が2か所ほどありましたと

伝えておきました。

長男の担任の先生には、長男が一年生の時に行った教育懇談会では、「長男はいつか必ずいじめを受けます」と伝えていたのですが、どうやら本気で受け取ってもらっていなかったようです。

 

ただ、やっと長男からその子の名前が今回やっと出てきたのですが、どうやらそれだけではないらしいのです。

この行動がちょっかいで済むなら、長男自身で対策を考えるべきなのですが、この行動が大きくなってきたときは、いじめと受け止めるべきだと覚悟を決めました。

それと、今からなるべく先生方を味方につけておかなければと思っていたのですが、、、そこは長男がうまい事やっているみたいです。

わたしの長男に関しては、問題行動によりSOSを発信してくれており、その点に関して子どもに感謝しているのと同時に、そのSOSにしっかりと気が付けることが出来て、不幸中の幸いだと思いました。

 

それでは本日の子育てはここまでとさせて頂きます。

最後までお付き合いいただき誠にありがとうございました。

 

Twitterでも子育てについてつぶやいてます。

もし宜しければフォローしていただけると幸いです。

 

ざぶ(@meitou_zabuton)

 

それでは、明日も素敵な一日をお過ごしください。

おやすみなさい。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました