【連絡メール】小学校と保育園から怒涛のメールが来ました【津波クラス】

子育て日記・悩み

皆さん、子育てしてますかー!

皆さん、構えていますかー?

オミクロンは突然やってきます。

ラブストーリーならいいのにね。

 

こんばんわ、迷答座布団ブログの運営をしている ざぶ(@meitou_zabuton)です。

 

わたしは40代でひとり親(シンパパ)になり、手探り状態のほぼワンオペで2人の子育てを行っております。

※詳しくはプロフィールをご覧ください。

 

その為か、子育てに対して独自の視点により迷答な体験談やお役立ち情報の発信を勝手に行うこととなりました。

もしよろしければ、「あんた座布団一枚!」と思って頂けると今後の活力になりますので、よろしくお願いいたします。

 

本日の迷答は「【連絡メール】小学校と保育園から怒涛のメールが来ました【津波クラス】」をお話していきます。

 

始まりは突然に

 

さて、火曜日の事ですが、夕方ごろ長男が通っている小学校から突然メールが届きました。

 

「小学校からコロナ関係情報です。」

内容は

県内保育所・保育園・こども園、小中学校等関係機関で新型コロナウイルス感染陽性者が出ております。発熱、頭痛、風邪様症状等、体調が悪い場合や家族にそのような症状がある場合は、登校を控え係り付けの病院にご相談ください。ご協力をお願いいたします。

 

前触れが有れば、色々と対策を考えられたのです。

地方のニュースでも、最近また増えだしてきていますと配信をしていました。

ですが、前触れ無く上記のようなメールが届くと、ただの注意喚起としか取れず、結構おざなりになりがちです。

案の定、わたしも「ふぅ〜ん」程度で、母と「なんか、嫌なメールだねぇ」といったようにコロナが迫っている感は無く、どちらかと言えば「また増えるのかな」位でした。

 

スポンサーリンク

対応の違い

 

次の日(水曜日)、さほど子ども達にも注意喚起をせず、聞き取りもせず、いつも通りに小学校・保育園に送り出しました。

無事に帰ってきて、いつも通りにしていたのですが、寝る前になりスマホチェックをしたところ

「小学校より 学級閉鎖についてのお知らせ」

内容は

 本日、新型コロナウイルス感染者の濃厚接触となった児童が体調を崩しPCR検査を受けました。結果については明日午前以降と言われています。保健所・教育委員会等と相談し、コロナウイルス感染症拡大を防止するために4月21日(木)〇年〇組を学級閉鎖と致します。
22日(金)以降の対応については保健所・教育員会等の指導のもと対応を検討し連絡させていただきます。結果によっては、兄弟姉妹について、明日、緊急下校をお願いすることもあります。
なお、発熱、頭痛、風邪様症状等、体調が悪い場合や家族にそのような症状がある場合は、登校を控え係り付けの病院にご相談ください。御理解、御協力をお願いいたします。

 

といった、何だがギリギリのラインを責められている感じで、気持ち早まってしまい、長男が明日休みなのかと思ってしまいました。

が、ちゃんと読んでみると、長男のクラスとは違うクラスが学級閉鎖でした。

が、が、「が」続きます。

が、まだ寝る前だったので、長男に「このクラスは近く?」と聞いてみると、2クラス隣だそうです。

ええええええええええ

同じ階で、教室が2クラス隣って・・・。

なんだか、2月の頃を思い出させます

 

と、これで終わったのかと思ったのですが。

翌日(木曜日)、次男を保育園に連れて行く前に、保育園から電話が入り

慌てて電話  保育士
慌てて電話  保育士

すみません、長男くんがお休みなので、次男くんもお休み願います

と、、、えっ?

慌てるパパ
慌てるパパ

いや、長男は小学校に行きまして、学級閉鎖になったのは別のクラスですが?

と、わたしの知っている限りを伝えたのです。

保育士さんも、えっ?って感じで、何か書類を見ている音がしたのですが、長男が小学校に行っている事実により

慌てて電話  保育士
慌てて電話  保育士

あ、そうでしたが、ごめんなさい

と、どうやら小学校から保育園に渡った書類に、長男の名前が書いてあったのだろうと察しました。

ですので

険しい父
険しい父

いやいや、わたしから小学校に確認しておきますね

と、ワンチャン、もしかしたら長男のクラスが緊急下校になりかねない状況なのかもしれず、小学校に電話をしてみると

電話
電話

あ、違いますね

の一言でした。

そりゃ、こちらも強く言っちゃいますよね。

わたしも接客業をしている傍らで、間違いの非を認めない所って言うのは、どうも社会人としてありえません。

ましてや、小学校に関係する人と、その親御です。

ありえない対応に対し、わたしは語気を強めて、どうなっているのかしっかりと確認してくださいとお願いしました。

 

その後、小学校からではなく、保育園の副園長さんからお電話があり

慌てて電話  保育士
慌てて電話  保育士

変なご連絡をして、申し訳ありませんね

との事でした。

 

この副園長さんとは長くの付き合いですので、言葉短めでも、言葉の使い方や話し方で気持ちが伝わってきました。

小学校の対外の対応の仕方って、今やどうなっているんでしょうか?

 

スポンサーリンク

長期連休が待ち構えている

 

といったやり取りの後、今度は保育園から連絡メールが入り

(重要)お知らせ

本日、当園で新型コロナウイルス感染症の感染が判明しました。対象クラスの方には、早急にお迎えのご協力をいただき、ありがとうございました。保健所との協議の結果、濃厚接触者に特定された園児と職員はいないこと、集団PCR検査の必要はないことを確認致しました。
園は、通常通り開園しておりますが、本日、お休みやお迎えをお願いしたクラスのお子様は、保健所より、健康観察が必要と判断されましたので、ご迷惑をお掛けいたしますが、4/22(金)~4/25(月)の期間、お休みもお願いします(兄弟姉妹も同様)。
保護者の皆様には、ご心配をお掛けしますが、お子さんの健康状態をよく観察し、発熱・咳・鼻水等の風邪症状や、いつもと違った様子が見えた場合は、医療機関を受診していただき、登園を控えて下さい。なお、感染者のプライバシーに関する情報などは、お答えできませんのでご了承ください。誹謗中傷や差別的な言動のないようお願い致します。

と、かなりの長文で、色々な所への配慮が見受けられます。

 

じゃなぁ~くぅ~。

 

いやいや、いきなりドドドッってコロナが襲ってきた感じで、しかも一日違いで、小学校から、保育園からと、、、確かに、2月もこんな感じで怒涛の様なメールがきたもんです。

これが、オミクロン株の怖さなんですよね。

それ以前の場合は、確か小学校と保育園は一週間ごとで、ある程度の期間があったのですが、2月もそうで、今回もそうだったのですが、一気に津波の様にやってきます。

 

オミクロン株は軽症や無症状が多いといいます。

ですが、それでも後遺症は残ります。

最近では、後遺症に悩まされている方が多数いらっしゃり、それがいつまで続くのか分かっておりません。

最近の後遺症では倦怠感の多くの報告があるみたいです。

倦怠感は大変しんどいですが、周りには分かってもらえない症状です。

それが、長く続くのです。

どれくらいかは判りませんが、半年間ほど続いてる報告もあります。

半年と言えば、オミクロン株が見つかった11月です。

それでも、まだまだ認識不足の方が多いようで、現在は全国的に収まっていると言われている状況です。

 

そんなやんわりとした状況でゴールデンウイークを迎えたら・・・

 

 

それでは本日の子育てはここまでとさせて頂きます。

最後までお付き合いいただき誠にありがとうございました。

 

Twitterでも子育てについてつぶやいてます。

もし宜しければフォローしていただけると幸いです。

 

ざぶ(@meitou_zabuton)

 

それでは、明日も素敵な一日をお過ごしください。

おやすみなさい。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました