【お散歩】外出自粛中でのお散歩のポイントは短時間で体力削除とリフレッシュです

子育て日記・お役立ち

皆さん、子育てしてますかー!

こんばんわ、迷答座布団ブログの運営をしている ざぶ(@meitou_zabuton)です。

 

わたしは40代でひとり親(シンパパ)になり、手探り状態のほぼワンオペで2人の子育てを行っております。

※詳しくはプロフィールをご覧ください。

 

その為か、子育てに対して独自の視点により迷答な体験談やお役立ち情報の発信を勝手に行うこととなりました。

もしよろしければ、「あんた座布団一枚!」と思って頂けると今後の活力になりますので、よろしくお願いいたします。

 

本日の迷答は「【お散歩】外出自粛中でのお散歩のポイントは短時間で体力削除とリフレッシュです」をお話していきます。

 

全国へ緊急事態宣言発令

 

さて、昨日の日記には直前と書いていましたが、昨晩にとうとう緊急事態宣言が全国に適用されましたね。

 

じつは、私はその数日前から体調を崩していたのもあり、緊急事態宣言が全国に発令されるだろうと考えていたので、会社に長期休暇の申請をして、次男の保育園と、長男の学童保育を休ませて、親子三人で自宅3密を決行していました。

 

 

おかげで数日たった昨日に緊急事態宣言が全国に発せられたので、それを基に会社へは有給扱いの申請を難なく行えました。

おかげで、くいっぱぐれなくて済みます。

 

 

人と遇わないようにお散歩でリフレッシュ

 

ただし、やはり一日中自宅に居るのは子供のメンタルも大人のメンタルも厳しく思いました。

そこで考えたのが、

  • 長期休みだからと言って朝ダラダラ過ごしたら、仕事に戻ったときにリズムが取り戻せない気がする
  • 子供達の生活リズムも崩れてしまい、正常に戻ったときに辛い思いをする
  • 朝早くなら、そんなに人と会わないだろうから、お散歩しよう
  • 人が居ない道、けもの道に似た場所を選んでお散歩しよう
  • ただし公園で遊ぶのは避ける

以上の観点から、自宅の近くにある小さな山の中をお散歩がてら歩こうと決めました。

 

 

小さな街の小さな山なので、一日中居て、人と遇うことができればすごいって場所です。

しかし、頂上にはお散歩の休憩所なるベンチが数個あり、快適です。

 

わたしが小さい頃は子供も多くいたので、誰かしら友達がこの小山を走り回っていました。

 

山のお散歩は短時間で体力削除

 

いくら小山と言っても、上り坂や下り坂、通常の道路ではなく舗装されてはいますが起伏があります。

かなり急な坂だったら止めていましたが、3歳児くらいなら頑張れば一人でも登れる感じです。

通常のお散歩より短時間で体力を削ることができ、さらに子供にとってはバランス感覚が養えます。

参考記事:子育てのお散歩は【知育・体育・リフレッシュ】の効果が絶大です

 

また、頂上に着けば街を一望できますので、自分の住んでいる街がどんなものかとか、景観を楽しませることができます。

 

小山ですので、反対側に行くのに登り下りして、たった30分です。

その小山の反対側には私の実家があり、母が居ます。

その母に「おはようございます」とあいさつをさせることもできます。

 

最後にお散歩して子供たちはリフレッシュ

 

まずは、スッキリとかなりの笑顔で山道の通りを母に報告していました。

まだ帰りもあるのに、朝ごはん食べたにもかかわらず、二人ともお腹空いたの連発です。

いかに普段動かない中での食事量を出していたのかと反省しました。

 

次男のお昼寝は早かったです。

普段なら、2、30分はだらだら過ごすのですが、布団に入ってものの2、3分でいびき状態です。

そして、驚いたのが寝る時間です。

大体30分~1時間半くらいで起きるのですが、3時間近く寝ていました。

 

こうなると、夜の寝るのが怖くなりますよね?

 

安心してください。

夜も2、30分で健やかにお休みになられました。

もちろん、通常夜8時に寝かせてるのを9時まで引き伸ばしましたが。

 

外出自粛状態で、気も病んでくる頃だと思います。

でも、絶対に出ちゃだめっとは言っていないのです。

出来れば公園とかって安倍首相も言っておられました。

 

いかに短時間で体力を削ってリフレッシュできるか!がポイントだと思いました。

 

 

本日の子育てはここまでとさせて頂きます。

最後までお付き合いいただき誠にありがとうございました。

 

Twitterでも子育てについてつぶやいてます。

もし宜しければフォローしていただけると幸いです。

 

ざぶ(@meitou_zabuton)

 

それでは、明日も素敵な一日をお過ごしください。

おやすみなさい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました