【大人への階段】長男は本日やっと卒業しました【小さな一歩】

子育て日記・雑記

皆さん、子育てしてますかー!

皆さん、卒業してますかー?

何事にも卒業があるかとおもいます。

そして、卒業と共に成長も付いてくるのです。

 

こんばんわ、迷答座布団ブログの運営をしている ざぶ(@meitou_zabuton)です。

 

わたしは40代でひとり親(シンパパ)になり、手探り状態のほぼワンオペで2人の子育てを行っております。

※詳しくはプロフィールをご覧ください。

 

その為か、子育てに対して独自の視点により迷答な体験談やお役立ち情報の発信を勝手に行うこととなりました。

もしよろしければ、「あんた座布団一枚!」と思って頂けると今後の活力になりますので、よろしくお願いいたします。

 

本日の迷答は「【大人への階段】長男は本日やっと卒業しました【小さな一歩】」をお話していきます。

 

台風

 

さて、今日はみんな大好き・・・火曜日です。

 

なんだか普通に仕事を休むのが久々な今日この頃です。

とはいえ、週に祝日が2日もあると、仕事のシフト上色々な問題があるのです。

ってことで、2日前の日曜日に仕事をしてきたので、ある意味代休です。

 

と言っても、良い具合なのか、どうなのか分かりませんが、わたしの免許更新の指定日でしたが、体調不良でブッチしました。

あ、明日行きます。

ちょっとしんどくて寝ていたら、時間を過ぎてしまっただけなんです。

 

まぁ、そんな事はどうでもいいのですが。

 

今でも、わたしが自宅にいることが子ども達は何かと嬉しいみたいです。

次男は保育園のお迎えが一番嬉しいみたいで、やはり周りの事を理解できるようになったのか、親のお迎えを心から望んでいるのでした。

 

そんな次男は、今日は台風の影響で遅れて登校する長男がいるため、二人で暴れる、暴れる。

元気な事はいい事ですが、どうやら前日の祝日に台風で何もできなかった鬱憤が溜まっているようです。

ってことで、保育園からは台風の影響を考えて登園をとお願いされていたのですが、次男の鬱憤を、押し込めているのはどうかと考え、いつもと同じ時間に保育園に放り込んできました。

 

スポンサーリンク

ポジティブ

 

長男はというと、登校の時間が遅れたため、暇を持て余しています。

ですので、次男を保育園に放り込んできた後は、YouTubeを見てもいいことにしたのです。

 

登校までは時間が30分しかありませんでしたが、その時間を見計らって、その時間帯に合う番組をチョイスします。

時間通りに終わったYouTubeを切って、長男は元気よく登校していったのです。

 

長男にとっての火曜日はとても忙しい日です。

授業も6時間目まであって、その後はそろばんです。

 

普段は母が迎えに行くのですが、今日はわたしが居るので、わたしがお迎えです。

(小声:わたしが小学3年生の頃は、お迎えなんてしてもらった事ありません)

 

しかし、最近長男は変わってきたのか、前回のそろばんの時は、終わったら電話しなさいと言ったのに、独りで歩いて帰ってきました

 

そして、今日は長男のお迎えの前に、保育園に次男のお迎えに行くことにしたのです。

長男とはお迎えに行く時間帯をしっかりと決めたのですが、どうやらそろばんが早めに終わったらしく、徒歩で保育園にいるであろう、わたしの所へ徒歩で行ったらしいのです。

運悪く、入れ替えとなったのか、長男が保育園に向かった後に、わたしと次男がそろばんの場所へ到着しました。

 

長男が保育園に向かったなんて考えもしないわたしは、長男のそろばんが終わるのを待っていたのです。

10分ほど待ったでしょうか、窓がコンコンとなったので顔を上げると、長男が居たのですが、車のドアを開けると同時に

長男
長男

パパ、いつここにきたの?

と、保育園に行ったことを報告してきたのです。

普通なら不満をぶつけてくるはずですが

力強い長男
力強い長男

いやぁ、いい運動したよ

と、ネガティブな考えをせず、ポジティブに捉えているのです。

去年の長男から想像もできない感じです。

 

そんな長男を見ていたら嬉しさが込み上げてきたのです。

 

スポンサーリンク

卒業

 

その後の長男もすばらしく、長男からしたら当たり前なのかもしれませんが、帰ってからささっとおやつを食べて、宿題に取り掛かったのです。

そろばんから帰ってきたのが17:30頃で、宿題が終わったのが18:30頃、約1時間くらいしていたのです。

呟く長男
呟く長男

火曜日に限って宿題多いんだよな・・・

と、文句を垂れていますが、宿題をすることに対して嫌がるそぶりはありません

 

ほんと、わたしの子なんでしょうか・・・。

もしくは反面教師に・・・あわわ。

まぁ、何より、その一つ一つの行動は必ず大きくなってから役に立つだろうと思っています。

 

もはや、今日の晩御飯は長男の好きなものにしようと、次男と共に大人しく待っていました。

長男の宿題が終わると、長男に食べたいものを聞いてみました。

しかし、そろばんの頃からお腹が痛かった長男は迷いに迷います。

ご飯ならあるので、お茶漬けでも食べるかと聞くのですが、首を傾げて、長男特有の「違う」を発します。

 

次男がボソッと「マック・・・」と言うのですが、長男はマックを飽き始めています。

しかし、優しい長男、次男が言うので、マックにすると。

でも、お腹が痛いので、ポテトだけと言ってきました。

 

メニューを見ているわたしに寄りかかっている長男が、ふと、メニューをみて、マックシェイクが飲みたいと言い出したのです。

飲ませたこともないのに、なぜ知っているのだろうという疑問を持ったのですが、希望するならと、限定のポテト味のシェイクがあったので、ポテトセットにしてみました。

 

次男は相変わらずのハッピーセットですが、メインは食べません。

その代わり、野菜好きな次男は、ベーコンレタスバーガーを指定してきます。

 

それぞれ、好きな物を食べた後、次男がハッピーセットのおもちゃで遊ぼうとしたのです。

その時、長男が

驚く長男
驚く長男

俺のは?

と言った後に、今回自分が食べたのがハッピーセットじゃない事に気が付きました。

残念そうな顔をする長男ですが

 

様子を伺う父
様子を伺う父

あんた、もう9歳になろうとしてるんだよ?

そろそろハッピーセットは卒業しなさい

 

 

力強い長男
力強い長男

はーい

卒業しまーす

 

と、笑顔でお尻を振りながらお風呂へと消えていきました。

 

 

それでは本日の子育てはここまでとさせて頂きます。

最後までお付き合いいただき誠にありがとうございました。

 

Twitterでも子育てについてつぶやいてます。

もし宜しければフォローしていただけると幸いです。

 

ざぶ(@meitou_zabuton)

 

それでは、明日も素敵な一日をお過ごしください。

おやすみなさい。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました